国内線の格安航空券を利用する流れは?

- 国内線の格安航空券を利用する流れは?

国内線の格安航空券を利用する流れは?

国内の旅行などで格安航空券を利用する方は少なくありません。料金が安いため興味をお持ちの方も多いと思います。飛行機の利用方法が分からない方もいるかと思いますが、利用方法は決して難しくありません。購入からチェックインまで、流れを知れば簡単に利用できます。

空席照会を行う

まずは希望路線の空席照会を行いましょう。国内の路線は日によって運賃と空席状況が変わります。平日のほうが安くて空席が目立ち、逆に土日祝日は少し割高になり、座席もすぐ埋まってしまいます。空席は早めにチェックしたほうがよいでしょう。

チケットを予約する

空席があれば格安航空券を予約しましょう。予約方法によって流れが変わるため注意が必要です。インターネットから予約する場合、画面の流れに従っていけば問題ありません。

予約を済ませたら所定の方法で代金を支払います。クレジットカードがあれば支払いがスムーズですので、手元に用意しておくとよいでしょう。

荷物を用意する

チケットの予約が終わり、搭乗日の前日になったら荷物を用意しましょう。各航空会社は荷物の重量に制限が設けられています。超過すると追加料金を取られてしまいますので、荷物の重さには気を付けましょう。もし分からない時は事前確認をおすすめします。航空会社のホームページなどを参考にしてみましょう。

空港のカウンターへ向かう

搭乗日の当日になったら、購入したチケットの航空会社のカウンターまで行きましょう。カウンターではチェックイン手続きを行います。時期・時間帯によっては混み合いますので、フライトの1時間前には到着しておくことが望ましいです。

手荷物預入・保安検査

チェックイン時に手荷物を預け、チケットを持って保安検査場へ行きましょう。ここで持込荷物などのチェックを行います。機内には持ち込めない荷物もあるので注意しましょう。荷造り時に確認することをおすすめします。

搭乗ゲートに向かう

保安検査場でのチェックが済めば、いよいよフライトです。カウンターで案内された搭乗ゲートへと向かい、チケットを見せて飛行機に乗り込みましょう。現地へ到着するまではのんびり空の旅を楽しみましょう。

通常の航空機と利用方法は同じ

LCCなどの格安航空券も通常の航空会社を利用する場合と流れは同様です。最初は戸惑うかもしれませんが、チェックイン後は係員が案内してくれます。もし分からない時などは、その都度係員へ聞いてみるとよいでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫