片道と往復どちらがお得?

- 片道と往復どちらがお得?

片道と往復どちらがお得?

国内で航空機を利用するなら格安航空券がお得です。通常のチケットよりも運賃が割安になるため、交通費を節約したい時には最適でしょう。路線によっては片道数千円から利用することができます。ただ、利用するなら片道のみと、それとも往復利用する場合とどちらがお得になるのでしょうか?

割引率はどのくらい?

割引率が気になる方も少なくはないと思いますが、通常の運賃より50%~75%程度割り引かれるのが一般的です。時期によっては30%前後まで下がってしまうものの、大半のチケットは50%オフになります。閑散期などであれば最大割引率で利用できるでしょう。

例えば通常片道2万円の路線なら、5,000円~1万円にまでディスカウントされます。値引き額が大きいと感じる方も多いのではないでしょうか?

メリットが大きいのは往復での利用

以上のように、格安航空券は割引率が非常に高いことから、もっともメリットを受けられるのは往復での利用です。往復で利用すれば、通常よりも交通費を半額以下にまで抑えられるため、一番お得な選択肢とも言えるでしょう。

仮に割引率が50%だった場合、往復利用すれば通常の片道分の運賃で済みます。交通費の大幅な節約に繋がるでしょう。

片道だけの利用でもお得に!

なら片道の利用は損かというと、そうとは言い切れません。仮に片道のみ利用する場合でも、50%~75%もの割引の恩恵を受けられます。もし片道の運賃が2万円だった場合、往復では4万円の交通費がかかりますが、片道だけ50%オフで利用すれば、1万円も節約できるでしょう。そのため、片道の利用でも魅力は多いと言えます。

行きと帰りの空港が別々でもお得

国内の旅行などでは、行き帰りに別々の空港を使うことも珍しくありません。しかし格安航空券ならこのような場合でも割引の恩恵を受けられます。いずれにしても割引が大きいため、交通費を節約できます。

予約変更不可能に注意

ただし、料金が安い反面サービスが限られており、特に予約変更が難しいことに注意が必要です。もし日時変更したい場合や便を変更したい場合、一度キャンセル処理が必要になるので気を付けましょう。

賢く使いましょう

LCCなどが販売する割安なチケットは、片道・往復どちらの利用でもお得になります。特にメリットが大きいのは往復での利用です。予約の変更が難しい欠点がありますので、旅行などの日程をしっかり決めてから利用しましょう。

  ≪ 前の記事: を読む