安く買える時期・タイミング

- 安く買える時期・タイミング

安く買える時期・タイミング

国内の旅行を楽しむ場合、航空機を利用すると交通費がネックになると思います。旅費が高くなることも珍しくありませんが、格安航空券なら費用の節約に繋がるでしょう。割引率の高さが大きな魅力になっていますが、購入する時期によって料金が変わることをご存知でしょうか?少しでも割引の恩恵を受けるなら、買うタイミンに注意する必要があります。

土日と祝日は高くなりやすい

特に高くなる時期は土日や祝日です。これらは休日に該当するため、チケットの料金も数割増しになる場合が珍しくありません。例えば平日1万円の運賃が2万円になる場合もあります。2倍近い料金を支払うことになりかねないため、予約する日には注意が必要です。

このように、通常よりも高い料金を支払うことになりますので、なるべく避けたほうがよいでしょう。

大型連休・年末年始も高くなる

また、ゴールデンウィークなどの大型連休や、年末年始も料金が高くなる傾向にあります。どの航空会社も同様ですが、大型連休などは土日祝日よりも料金は割高になります。この時期は帰省や旅行とタイミングが重なるため、普段よりも2倍以上になることも珍しくはありません。座席もすぐ埋まりますので、予約する際は料金と空席確認を徹底しましょう。

早めに予約する

逆に国内の旅行などで格安航空券を安く購入するなら、1日でも早く予約を済ませることをおすすめします。LCCを始めとする航空会社の割引プランは、複数種類に分かれている場合も多く、予約時期によって異なる割引率が設定されています。予約する時期が早いほど割引率も高くなるため、予定が決まったらすぐ予約するとよいでしょう。

シーズンオフが狙い目になる

また、大型連休や年末年始、行楽シーズン以外の時期は、運賃の割引率が一気に下がります。路線によっては7割引き以上になることもありますので、シーズンオフを狙って予約してみましょう。

平日の早朝・深夜便が安い

土日祝は少々割高になりますが、逆に平日は料金が抑えめです。特に平日の早朝便や深夜便は割引率が高く、平常時よりも安い料金で利用できます。旅行の場合、金曜日の深夜便や月曜の早朝便が狙い目と言えます。

購入時期とタイミングに注意

格安航空券は、予約する時期やタイミングにより割引率が変わります。可能ならシーズンオフか平日の便を予約するとよいでしょう。早めに予約すれば割引率も高いため、早期予約することもおすすめです。

次の記事: を読む ≫