格安航空券を利用する時の注意点

- 格安航空券を利用する時の注意点

格安航空券を利用する時の注意点

格安航空券は運賃が手頃で、国内の場合は数千円から利用できるのがメリットです。特に料金面は通常の航空会社以上にメリットを受けられますが、割安ならではのデメリットも多く、注意が必要なことも少なくはありません。場合によっては慎重に利用の判断をしたほうがよいでしょう。

荷物の制限が厳しい

もっとも注意するべき点が荷物の重量制限です。特にLCCは各社ごとに重量の上限がバラバラで、厳しい制限が掛けられているところも少なくはありません。だいたい10kgが目安ですが、これを下回る場合もあります。上限を超えると料金が割増になるので注意しましょう。特に国内で長期旅行をする場合は気をつける必要があります。

サービスは大半が有料に

また、機内サービスなどの大部分も有料提供となります。例えば一般の航空会社では無料の機内食やブランケットサービスも、LCCを利用した場合は有料になることが珍しくありません。事前予約が必要なサービスも中にはあります。もし利用したい時は料金を事前に確認し、チケット予約時に追加しておくとよいでしょう。

購入時期で割引率が変わる

購入時期によって料金が大きく変わることにも注意が必要です。例えば1ヶ月前の予約を1週間前の予約では、後者のほうが料金は割高になります。割引率が数割変わる場合も珍しくないため、料金重視の方は早めに予約したほうがよいでしょう。あるいは慎重にプランを選ぶことをおすすめします。

購入方法が限定される

格安航空券の料金が安い理由は様々ありますが、購入方法を絞っていることも理由の一つです。逆に考えると、購入方法が限られていることになりますので、予約する際は注意したほうがよいでしょう。

主な購入方法はインターネット経由です。ただし、どのような方法でも所定の手数料がかかります。なるべく手数料が安い方法で予約しましょう。

予約の変更ができない場合もある

チケットのプランによっては予約変更が不可能な場合もあります。もし途中で予約を変更したい時はいったんキャンセルし、再度予約をしなくてはいけません。キャンセル料も発生しますので、予約変更は避けたほうがよいでしょう。

しっかり日程を組んでから予約を

格安航空券は料金割引の恩恵を受けられますが、荷物やサービスなどの制約も少なくはないので気を付けましょう。予約変更せずに済むよう日程をしっかり決め、旅行のプランなどを立ててから予約することをおすすめします。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫